RSS

DJ一戸建のブログです。北海道の札幌在住。ハードコアテクノ、アイドルソング等を作っています。このブログはジャンル問わず、僕がオモシロイ!気になる!大切だ!と思った事を書いています。

トップページ水槽&植物 > 水槽にアオミドロ発生!歯ブラシでゴシゴシして、レッドチェリーシュリンプ入れたよ!

20151026アオミドロレッド01
水槽にアオミドロ発生!歯ブラシでゴシゴシして、レッドチェリーシュリンプ入れたよ!



いや~、コケを食べてくれる生体(オトシンクルスやエビ)がいなくなってからというもの、様々なコケと戦う水槽ライフになりました。「アオミドロ」が発生しちゃって緑まみれです…。やっぱ小型水槽(25cm、7.5リットル)は大きい水槽に比べ生態バランス崩しやすいんですかね~。

今回の発生原因は、僕が夜通しやらなきゃ行けない作業があって、数日24時間、水槽に光が当たり続けたからだと思います。あとコケ類や残ったエサを食べる生体がいなくなったというのもあるでしょう。


アオミドロ:
浅くて栄養豊富な場所であれば、様々な淡水にごく普通に見られる糸状やトロロ状の植物。触るとぬるぬると滑る感触がある。

発生原因:
・水中の栄養がありすぎる
・光をあてる時間が長すぎる
・濾過装置の汚れなど


では「アオミドロ」の除去を書こうと思います。アオミドロ対策として有効なのは下の3つです。
・物理的に取り除く
・コケ類を食べる生体を投入
・光を遮断し光合成できなくする

20151026アオミドロレッド02
まずはこれがアオミドロ。なんかいつもと違う明るい緑のコケだな~と思っていたら凄いスピードで増殖していきました。浮き草のサルビニアにベットリくっついています。


20151026アオミドロレッド03
水槽のガラス面にもベト~と緑のアオミドロが!絵の具みたいに緑ですね。ライトで光の一番当たる水面近くに沢山増殖してしまいました。


20151026アオミドロレッド04
底砂に使ってるソイル、あと水草の葉にもくっついています。やだやだ…。


とりあえず【対策1】物理的に取り除く!をやってみます。ここで新兵器登場です!

20151026アオミドロレッド05
THE『歯ブラシ!!』


20151026アオミドロレッド06
歯ブラシ最高ですよ!石についたアオミドロもすぐ取れました。長いアオミドロはクルクル巻きつけて取り除きます。ガラス面もこれでゴシゴシ!小型水槽だと大きいスポンジより小回りきいて良いです。


20151026アオミドロレッド07
これピンセットより便利かもしれません、小さな糸状のゴミなんかも歯ブラシにからめてとると取りやすいです。


ひととおり歯ブラシで物理的にアオミドロを取り除きましたが、まだ残っている部分が多数ありますね。ここで【対策2】コケをたべるエビ「レッドチェリーシュリンプ」を投入!



20151026アオミドロレッド08
レッドチェリーシュリンプはミナミヌマエビの亜種といわれている赤いエビです。体長1~2cmのを4匹買いました。まずはいつもの袋のまま浮かせ水温合わせです(その後、袋に穴を開け水槽の水と混ぜていき慣らしていきます)

20151026アオミドロレッド01
水槽に入れるとすぐにアオミドロやコケをツマツマやりはじめました。普通に赤くてキレイです。今回は4匹ですがコケの繁殖スピードの方が速いようだったら、もっと増やそうかと思っています。


レッドチェリーシュリンプVINE動画です。ツマツマ~。かわいい♪


20151026アオミドロレッド09
最後に【対策3】光をさえぎる「遮光」ですね。100円ショップで売ってるコルクタイルとカッターマットで作りました(笑)しまう時に分解して場所とらないのでコレが良いかと思ったのですが、ダンボールとかでも全然OKです。アオミドロは光が無いと水草より先に死んでしまうので遮光は有効です。ただ水草にも光がいかないのでダメージ出ます。

ひどい場合はこの状態で1~2週間遮光するのですが、僕の場合そんなんでもないのでライト照射6時間を守り、それ以外はコレをかぶせておくことにしました。狭い部屋だと僕が寝ないと水槽も寝れなくて大変です(笑)

しばらくはこの状態で様子みてみます。アオミドロは嫌だったけど、レッドチェリーシュリンプが思ってたよりキレイでときめきました♪繁殖させて増やしてみたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

にほんブログ村 ライフスタイルブログ その日暮らしへ