RSS

DJ一戸建のブログです。北海道の札幌在住。ハードコアテクノ、アイドルソング等を作っています。このブログはジャンル問わず、僕がオモシロイ!気になる!大切だ!と思った事を書いています。

トップページネット動画・テレビ > アニメの絵の演出を音楽で考えてみた『響け!ユーフォニアム』

20150915アニメと音01
アニメの絵の演出を音楽で考えてみた『響け!ユーフォニアム』

京都アニメーションのアニメ『響け!ユーフォニアム』やっと最後まで見ました。吹奏楽部の話しなのですがキャラクターの心情が凄くていねいに、そして僕でも理解できるくらいわかりやすく描かれており、今のところ2015年アニメの中では一番好きです!もう聖地巡礼しに京都まで行こうかと思うくらいです(笑)


「響け!ユーフォニアム」の絵を見てたら「これって音楽に似てるな~」って思うところがありました。吹奏楽の話しだからではなく「絵の演出」「音楽のつくり」に似てるなと思ったんです。僕は音楽に置き換えて理解するクセがあるみたいです。今回は
そんな「アニメの絵の演出と、音楽の共通点」について書こうと思います。


「響け!ユーフォニアム」はアニメですが、現実のカメラで撮ったときの効果をわざわざ絵に足しています。背景がぼけたり
手ブレで画面が揺れたり四隅が黒くなっていたりレンズ特有の色にじみがあったりです。(最後の2つは最近のレンズではおこらないようですが)

特に背景のボケが凄くて「いまどきグラビアでも後ろこんなにぼかさないだろ!キャラ浮いて見えるしやりすぎ!」って思ったのですが、途中で「あっ!これキャラの演技ひきたてるために極端にぼかしてるのかな?!」と思いました。

実際ユーフォニアムの演技というか顔の表情のバリエーション、声のトーンの使い分け(先輩と話す時と同級生と話す時で声のトーンが違う)など普通のアニメには無い演出がたくさんあって、それが背景がボケてることで浮き出てくるように思えました。とてもわかりやすかったです。


これを僕なりに「絵」と「絵と同じような曲」であらわしてみました。


【キャラも背景も同じ感じ】
20150915アニメと音01

youtubeに超テキトーな曲を作ってUPしました(笑)絵はキャラも背景も両方淡い色で一体化しちゃってるようにも見えます。曲のほうは2つのメロディが同じ音色でメインメロディが目立ちません。



【キャラそのままで背景をぼかす】20150915アニメと音02

次に絵の背景をボカしてみました。女の子のキャラが浮き出て目立ちますね。曲のほうはメインメロディはそのまま、もうひとつのメロディにエコーみたいなのをかけてボカシてます。メインメロディが目立ちますよね♪


最後に最近のアニメでよくある「闇堕ち (やみおち)」を絵と音楽であらわしてみました。「闇堕ち」とは味方や善人キャラが途中でなにかしらのショックに耐えられなくり、気が狂ってダークサイドに落ちることです(笑)今期だと「シャーロット」「六花の勇者」でそんなシーンがあります(笑)ユーフォニアムでは闇堕ちは無いのでご心配なく。


【気が狂って闇堕ちしてしまったキャラ】
20150915アニメと音03

絵は「闇堕ち」のイメージです(笑)実際のアニメでは目が三白眼になったりしますね。音のほうはメロディはそのまま音色だけ
闇に飲まれた感じに変えました。


なんか「アニメ絵と音楽」とか、別々のものに共通点見つけた時とか嬉しいですよね!頭の上に電球が光る感じで(笑)僕はこれから音楽を作るときは頭の中にアニメ絵が浮かんだり、アニメを見ているときに音でイメージしたりするんだと思います。これからもわけわからん情報をいっぱい頭にインプットして脳ミソでつなげていきたいです!


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

にほんブログ村 ライフスタイルブログ その日暮らしへ