RSS

DJ一戸建のブログです。北海道の札幌在住。ハードコアテクノ、アイドルソング等を作っています。このブログはジャンル問わず、僕がオモシロイ!気になる!大切だ!と思った事を書いています。

トップページネット動画・テレビ > アニメ「がっこうぐらし!」に出てきた屋上の「ビオトープ」ってなに?!

20150909ビオトーブ01
アニメ「がっこうぐらし!」に出てきた屋上の「ビオトープ」ってなに?!

普通の日常アニメかと思ったら、1話から視聴者の度肝を抜いたアニメ「がっこうぐらし!」ですが(ネタバレになるのであまり書きませんが、フワフワした学園生活モノかと思ったら世紀末みたいな感じです笑)第9話に「ビオトープ」が出てきます。今回はその「ビオトープ」について書こうと思います。

「がっこうぐらし!」に出てくる学校は、屋上にソーラー発電機だったり屋上菜園だったり自給自足できる設備がたくさんあります。水をためる貯水槽もあり、そこに水生植物や魚などを入れ「ビオトープ」を作っているんですね。

ビオトープとは:
語源はギリシア語からの造語(bio(命)+topos(場所))。 生物社会の生息空間。環境保護のために人為的に生態系をつくり出したものも含まれるようになってきた。

ザックリ説明すると…
日光

水生植物が光合成

魚に酸素

魚が糞をする

魚の糞が植物の栄養になる

と、ほっといても自然にループして生物が生きていける環境のことです。「池と水草とメダカ」の組み合わせで子供でも簡単な「プチビオトープ」を作れると思います。それこそ小学校の池とかでやってるとこも多いんじゃないかな。

nuphar-lutea-910555_1280

なんでビオトープについてそんなに語ってるんだよ!(笑)というと僕やろうと思ってたんですよね「睡蓮(スイレン)の花とメダカ」で簡単「ビオトーブ」。

最近は「ビオトープセット」とか「睡蓮鉢」とか売っていて手軽にプチ生態系ができるのでやってみたい!っと思ったのですが調べてみると「スイレンの鉢は凄い臭いので家の中でやったらヤバイ!」とインターネットが教えてくれたのでやめました(笑)

20150909ビオトーブ02
で水槽で熱帯魚を飼うことに落ち着いたわけです(笑)

水槽も「半ビオトープ」といえますよね。日光の代わりにライト、雨の代わりに水道水を人工的に入れていますが、魚の糞から水草や微生物が栄養補給して水をキレイに保っているところは同じです。

外にスペースある方、部屋が臭くなっても良い方(笑)
「ビオトープ」やってみてはどうでしょうか?自然を身近に感じれてよいっすよ~♪



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

にほんブログ村 ライフスタイルブログ その日暮らしへ