RSS

DJ一戸建のブログです。北海道の札幌在住。ハードコアテクノ、アイドルソング等を作っています。このブログはジャンル問わず、僕がオモシロイ!気になる!大切だ!と思った事を書いています。

トップページ映画 > ゾンビ・ミーツ・ガール♪イケメンゾンビはマッドマックスの白ハゲ!映画「ウォーム・ボディーズ」

20150901ウォームボディーズ01
ゾンビ・ミーツ・ガール♪イケメンゾンビはマッドマックスの白ハゲ!映画「ウォーム・ボディーズ」


映画「ウォーム・ボディーズ」見ました。ゾンビの男の子と、人間の女の子のハートフル恋愛映画です。

ざっくり「ウォーム・ボディーズ」あらすじ
ゾンビと人類が戦う近未来のお話し。主人公ゾンビの「R」は物資を取りにきた人間達を襲う。だがひとりの人間の女性にひかれてしまい自分の家につれて帰る…。


ゾンビである事は重要ではあるのですが普通にラブコメです。主人公ゾンビ(男)もイケメンですし女性でも楽しく観れると思います!ってかこのイケメンゾンビ!マッドマックス-怒りのデス・ロード-の白ハゲ(ニコラス・ホルト)なんですよね!髪の毛あったらえらいイケメンやな~
(笑)


大きく流れるテーマは「ソンビと人間の共存」なんですが、僕この「共存」の向こう側が
見たくて色々なゾンビ映画見てると言ってもいいくらい、このテーマが気になってます。


今ゾンビとの共存最前線は、他のゾンビ映画で「ゾンビに動物の肉を食べさせる」とこまできています(笑)その前までは人間の内臓を食べさせて餌付けまでは成功してたのですが、人以外の肉を食べるとこまできて「共存」の可能性がグッと広がりました。


「ウォーム・ボディーズ」では人間の脳ミソ食べることでゾンビが夢を見れたり、人間の記憶を共有したりという新しい設定が出てきてすごくロマンティックです。人肉食べたい欲求問題には踏み込んでませんが恋愛というかたちでハッピーなゾンビとの共存を描いていてとてもステキですね。


そもそもゾンビがなぜ恐いかって自分に近い「人型」だってことですよね。近所のあの人が!親兄弟が!友達が!襲ってくるってのが恐い。ヤバイ奴って、せめて自分とは違う遠い存在でいてほしいじゃないですか(笑)だからワイドショーとかでいかに殺人鬼が普通の人間と違うかってこと説明して安心させると思うのですが、殺人鬼も普通の人間も大差なんて無いんですよ!だから恐い。
「人型」のゾンビってそんな恐さがあると思います。


そんな自分の近くのイカレた人や、価値観が全く違うように見える人達は恐い!その恐怖とどう「共存」するかってとこにゾンビ映画は踏み込んでるから良いんですよね。ホラー、スプラッター苦手な方はまずは
「ウォーム・ボディーズ」からどうぞ!


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

にほんブログ村 ライフスタイルブログ その日暮らしへ